スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ちょっと面白かったこと目次

猫の喉鳴らし
スポンサーサイト

2010/05/24(月) | ちょっと面白かったこと目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

ネコののど鳴らしは癒しの力

ネコを飼い始めました。普通の北アメリカの雑種です。子供たちが、ネコをもらってきたといって、箱を見せてくれたときには思わず、”なんで前もって言ってくれないと”といってしまいました。が 子猫を見たとたん、その舌の根が乾かぬうちに思わず”まぁ、かわいい!!”と不覚にも言ってしまいました。

DSC02312_convert_20081107033135.jpg ということで、家族の一員となった、”なっとう”です。

ある時、友人の一人が”ネコのあの喉を鳴らすゴロゴロという音は、人を癒す力があるのよね?という、興味深いことを言っていました。

それって本当でしょうか。何か科学的な根拠とかあるんでしょうか。ちょっと興味をそそられたので、深くは調べませんが、分かったことをいくつか書いてみたいと思います。

まず最初になぜネコは喉を鳴らすんでしょうか?結論から言うとなぜかは、はっきりとわかっていないようですが、ネコの喉鳴らしは、幸せなときだけではなく、危険やトラウマ的経験をしているときにもするそうです。もうこれ以上、痛めつけるのはやめて!というようなときも喉鳴らしをするようです。しかし、これは例外的なものかもしれないという意見もあるようですが。

ネコのあのゴロゴロという音は約25~150ヘルツくらいらしいのですが、このくらいの音は骨の成長と癒す力を促すという研究結果があります。おそらく、友人はこのことを指して言っていたのでしょうか。

ですから、もしかすると、トラウマ的経験をしたときに、喉を鳴らすのは、ネコが自分で癒しをしているのかもしれません。その音を聞いた、人間もそのおこぼれに預かることができるというわけです。勿論、幸せのゴロゴロの時も同じ効果でさらに幸せ感を満喫です。

このネコの喉鳴らしの音はどこから出てくるんでしょうか?主に二つの意見があるらしいです。一つは声帯からというものと、もう一つは血管の振動による音というものです。

ネコはしばしば”癒しの動物”といわれています。何はともあれ、一般にネコの飼い主は、高血圧によい影響を与えるといわれています。とくに高齢者には良いようです。とりあえず、かわいい~ですね。

2008/11/07(金) | ちょっと面白かったこと目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。