スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

春の小さな花たち

春に咲く小さな花たち、控えめで、でも存在感満点の花をガラスの花瓶にいれてみました。
スミレ、マーガレットのような花、ムスカリ、パンジーなど、野の草もアクセント。

flowers23N.jpg

 suisaigabotan.gif
      ガーデンの花たちを水彩画で描いています。
スポンサーサイト

2017/01/18(水) | 花の水彩画目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

早春のブーケ

まだ冬と感じる2月頃に庭をみると凍ったような土の中から、ほそ~いクロッカスの花が顔をだしています。4月ころに咲くクロッカスとはちがい色も淡く形も小さめです。この細い白っぽいクロッカスが出てくるとほかの花もおずおずと出てきます。エリカは寒くてもグリーンの葉をつけてかわいらしい提灯のようなピンクの花を咲かせています。一日で終わってしまうオオイヌノフグリも一緒に。素晴らしいブルーの花を咲かせますが、ハチや蝶などにはあまり目につかないらしく、自家受粉をすることが多いようです。

flower025small.jpg

2017/01/17(火) | 花の水彩画目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

ボタニカルアート

flower125.jpg
最近こっているボタニカルアートの作品を二点アップしてみます。
書き込み、ご無沙汰いたしておりました。
ガーデンで咲いてくれる花たちを描くのが一番、自然な感じでいいですね、自然に咲いてくれた花は。

flower126.jpg

2013/12/20(金) | 花の水彩画目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

ガーデンの花だけを描く練習

春と夏はこのガーデンでもいろいろな花が咲いてくれるシーズン、見ていると描きたくなります。
英国のボタニカルアートの通信講座ではちょうど花だけを描くレッスンでした。いつもは葉と花、両方をを描きますが、今回は花だけ、これは難しいですね。画用紙に描いたときに、あまり美しく感じません。7つの花を一枚の画用紙に描いて提出することになっています。

ではとりあえず、描いた花たちです。

画像をクリックしていただくと大きな画像をご覧になれます。


flower96_convert_20120908130117.jpg


flower95_convert_20120908125805.jpg


flower94_convert_20120908125528.jpg



suisaigabotan.gif
花の水彩画目次へ



2012/09/08(土) | 花の水彩画目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

今年、2012年のバラたち

今年は3月、バラたちの新芽が伸びる前に、株の回りに穴をほって肥料をちゃんとあげたり、すこしでも変色や黒点病が疑える葉っぱを発見したら取り除いてきたからでしょうか、花がきれいです。

ボタニカルアートを勉強し始めて一年がたちました。英国のボタニカルアーティスト協会の通信で勉強していますが、これから二ヶ月間の課題は花のみ7種類を一枚の画に収めることです。まずは少しずつ練習。花としては複雑な感じのバラを描いて練習することにしました。

5年くらい前にイングリシュローズを数株植えましたが、現在咲き誇っています。描いてすばらしい香りが漂ってくるので、幸せ気分を満喫。癒される香り、なんともいえない品のよい香りです。こんな贅沢なものを与えてくださっている創造者に感謝です。


flower87_convert_20120624223510.jpg  これはニュージーランドとかいう、バラです。イングリシュローズではありません。友人からいただいた枝から増やしたものですが、病気も少なく、強いバラです。花弁は厚い感じです。




flower88_convert_20120624223310.jpg  これはイングリシュローズ、あまりたくさんは花をつけませんが、香りが...もうなんともいえません。花弁の数は多いほうでカップ咲きです。いろはなんともいえないオレンジピンク。



suisaigabotan.gif
花の水彩画目次へ

2012/06/24(日) | 花の水彩画目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。