スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハンギングバスケット…ちょこっと植えるとこんなに豪華に

今年の春に新人ガーデナーの主人が作った経済的にやさしいハンギングバスケットがこんなに大きくなりました。


s-3791.jpg



植えたばかりのころは、ちょつと寂しげで大丈夫かしら…という感じでした。こんな風です。


s-3566.jpg



ハンギングは、最初にあまりに沢山の花を入れてしまうと花苗が大きくなりきらないうちにバスケットの中の用土を殆ど使い尽くしてしまって、余り長持ちしないような気がします。

春の早い時期に小さい苗を植えて、それが成長していくのをみるのもいいもんです。大きくなっている花を植えるのとは、また一味違った楽しみです。

バスケットは高価なものではなく、ワイヤーの一番手ごろなもの、大きめなもの、コケは日陰などに生えてしまったものを使えば十分、こんなにきれいになりました。ちなみにデザインはイマイチ、普通過ぎる雰囲気ですが…


kontenaimg51359.gif
コンテナ目次へ

スポンサーサイト

2010/07/26(月) | コンテナ目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

コンテナ目次

kontenaimg51359.gif
お探しの項目をクリック!     

バルコニーガーデン 植物の選び方

2010年のハンギングバスケット
バスケットがこんなに豪華に

ハンギングバスケットを安く作る

ハンギングの成長

ハンギングバスケットそのⅠ

ハンギングバスケットそのⅡ

秋 冬のハンギングバスケット

コンテナの種類と選び方Ⅰ

コンテナの選び方Ⅱ

コンテナに植えて植物の越冬

コンテナでも良く育つ花たち

プランターガーデンを成功させるコツ




somokujiimg45886.gif
記事の総目次へ

2010/05/24(月) | コンテナ目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

今年のハンギングバスケット

今年もハンギングバスケットの小さな苗を売る季節になっています。
なんとなく今年はハンギングはやらなくてもいいかなぁ…などと思っていましたが
今年はなんとガーデン音痴にちかい我ご主人様がやると言い出しました。

作り方はどうぞ、ハンギングバスケットの作り方(1)ハンギングバスケットの作り方(2)
をご覧になってください。例のごとく、コストを抑えて作りました。が毎年時間の経過とともにきれいになります。

コツといえば環境に合わせた植物選びと用土選びでしょうか。あとは水を忘れずにあげれば、たいていはきれいな花を楽しませてくれます。

DSC03566.jpg


kontenaimg51359.gif
コンテナ目次へ

  

2010/05/03(月) | コンテナ目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

ハンギングバスケットを安くつくる

どうしたわけかハンギングバスケットに入れる花が毎年高騰しています。一本、二本いれるのではありませんから、(大きいバスケットならば20本以上いれます。)

今年は800円くらいで作ってみようと思いました。

そこで低コストに抑えるためのいくつかのアイデアです。

。植えようと計画している花を早めに一株買って、水挿しなどで本数を増やしておく。
。バスケットを複数作る場合は種から育てる。
。バスケットの植え付けシーズンの終わりころにセールでかう。

ハンギングバスケットは早めにつくると、早めに花の盛りが終わりますので、時期をちょっとずらせば、花が咲いているものなど、結構安く買えるときもあります。

今年は、矮性のスイートピーや種から育てたゼラニウムなどもいれて、安価につくりました。
ミズゴケはシェードガーデンからはがしてきたものをつかいました。

根が大きくなってしまった花をバスケットにいれるのには注意が必要です。根を傷つけないようにします。薄いプラスティックなどでコーン状につつんで入れれば簡単に挿入できます。

詳しい作り方はハンギングバスケットの作り方 Ⅰをごらんください。

  DSC03169.jpg ちいさくて見えにくい苗もありますが、成長がたのしみです



kontenaimg51359.gif
コンテナ目次へ

2009/05/24(日) | コンテナ目次 | トラックバック(0) | コメント(1)

コンテナ(鉢やボックスなど)の種類とその選び方 Ⅱ

baketudai.gifコンテナ(鉢やボックスなど)の種類とその選び方 Ⅰの続きです。

★プラスティクコンテナ

長所
。一般的に言って安価。中には上質のもので高価なものもありますが。
。掃除が簡単、きれいに殺菌もし易い。
。普通は壊れにくい。
。通気性がないのでコンテナ内部が乾きにくい。
。軽量
。デザインや形なども豊富、上質なテラコッタ風のものは本物のように見える。

欠点
。通気性がないので、水のやりすぎに注意。
。安価なものは割れやすく、また色もあせてしまうことがあります。
。テラコッタ風のものはいつまでも新品の感じなので、年ともにラステックな感じにはならない。
 
別の用途につかう器や器具もコンテナになります。穴のないものは、穴を開けたり、また中に植木鉢を入れて使いましょう。
また大き目のバスケットは、内側に丈夫なゴミ袋などをはって下に穴をあけ、リーフレタスなどを栽培すると見た目にも美しく楽しくキッチンガーデンができます。

  DSC01501.jpg  こんな風に植えてみました。


  DSC01500.jpg  リーフレタスと一緒にからし味のキンレンカを植えました

  
kontenaimg51359.gif
コンテナ目次へ
  

2009/05/20(水) | コンテナ目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。