スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

冬でもオオバ

バンクーバーは寒すぎてシソはがんばって植えなければ、自然と生えてくるのは4月中旬~5月。

それも紫色のアカジソは丈夫で映えてきますが、手巻きなどをやるときにほしいオオバはなかなか生えてきません。

生えてきたとしても、アカジソと交配するのかあのオオバのいい香りが少ないような気がします。

我が家ではもともと蛍光灯が入っていたキャビネットの下の部分、台所のキャビネットとカウンターの間の空間を

蛍光灯から植物が育つと言う触れ込みのライトに変えてみました。

そこにオオバやタラゴンなどのハーブを置いています。今年はオオバの種をまいてみました。

育つかどうか試したかっただけだったのですが、予想以上によい結果、ちぎって利用できるまでになりました。

オオバはあまり強い太陽光線がいらないのでしょうか。とっても元気です。

5月前には、外に植え替えるつもりでいます。

sakura+065_convert_20120422063917.jpg




habuimg18545.gif
ハーブガーデン目次へ
スポンサーサイト

2012/04/22(日) | ハーブ目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

ハーブ(センティド))ゼラニウムの育て方

全体として育てやすいので、手のかけすぎは禁物、水の与え過ぎや、肥料のあたえ過ぎに注意しましょう。
 
毎日の手入れ:
枯れた葉などは取り除くこと。センティドゼラニウムは比較的乾燥した状態を好みます。日ごろから水は土の表面が乾燥してからあたえましょう。株元が湿気の多い状態が長く続きますと株元が蒸れて葉が枯れてきます。こまめに枯葉はのぞきましょう。手で簡単にとることができます。

ピンチの方法:
たくさん収穫しようと思ったら新芽を摘み取りましょう。茎の先端を摘み取ると脇芽が多く出て、より多くの葉を収穫することができます。

切り戻し:
花が終わる6月ころをめやすにして、切り戻しをします。そのままにしておくと株が弱ってしまいます。収穫も兼ねてきり戻しましょう。切る位置は三節ほど残るようにして節のすぐ上できるようにします。10センチ程度を残すくらいまできり戻しても、大丈夫です。夏の終わりに二回目の切り戻しをします。このときには半分くらいまでの切り戻しにします。晩秋にあまりたくさんの切り戻しをすると株が弱り枯れることがあります。

冬の管理:
寒さは必要ですが、凍らせないように注意します。バンクーバーでは種類によって、また厳冬でなければ屋外で越冬できる品種もありますが、屋内に取り込むほうが安全確実です。置き場所は日当たりと風通しのよいところを選びましょう。春や初夏に花がさくゼラニウムは冬の寒さに会わないと花芽ができません。そこで屋内では温度が高すぎる場合には屋外に置き、昼は日光にあて、夜はダンボールなどをかぶせて保温します。ビニールなどをかぶせても保温にはなりませんので、注意が必要です。屋外の気温を確かめてくださいね。



habuimg18545.gif
ハーブガーデン目次へ

2009/04/11(土) | ハーブ目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

センティド(ハーブ)ゼラニウムの種類

センティドゼラニウムの種類

センティドゼラニウムはニオイゼラニウム、ハーブゼラニウムとも呼ばれています。甘い香りのもの、さわやかな香りのもの、ちょっと変わった匂いのものなどさまざまです。春に苗を植えると夏にはとても大きく育ちます。バラとの相性もバツグンによい植物です。

芳香のあるものでは、ローズ、レモン、パイン、シナモンなどなどたくさんあります。
葉の形もさまざまですが、花は春~初夏の一季咲きが多く、ピンクの小型の花が咲くものが多いようです。株の育つ形も、立ち性、這うタイプなどがあります。

人気のあるローズの香りのゼラニウムの種類
★トルーローズゼラニウム__強いバラの香りが特徴。葉は切れ込みがあって、葉も花も小さめ、草花との寄せ植えにむきます。
★ブルボンゼラニウム__花はピンク、香油を採るたために使われる品種で、葉は大きく切れ込むタイプです。
★スケルトンローズゼラニウム__名前のように葉がスケルトン(骸骨)のように細いタイプです。香りはレモンローズのさわやかな種類です。背丈が高くなります。
★スノーフレークゼラニウム__ローズゼラニウムの原種の一つです。斑入りのほふく性。
★レディプリマスゼラニウム__葉は切れ込みが深く、白の縁取りがある葉です。成長はやや遅めです。

レモンの香りのゼラニウム
★レモンローズゼラニウム__強いレモンローズの香り、切れこみの深い葉でやわらかい毛でおおわれています。大変丈夫な品種です。
★マーブルグレイゼラニウム__もみじのような形の大きな葉が特徴。花も鮮やかでレモンの香りがとても強い種類です。ポプリにむいています。
★シトロンゼラニウム__シトロン(かんきつ系)の香りのゼラニウム。花はラベンダー色、葉は明るめのグリーン、たけも高くなり丈夫な種類です。
★レディメァリーゼラニウム__軽いレモンの香り、濃いピンクの花が特徴。

フルーツ、ナッツの香りのゼラニウム
★シナモンゼラニウム__ローズピンクの美しい花がさきます。香りはちょっとスパイシィなレモンの香り。株は立ち性で葉が小さいのが特徴です。
★アップルゼラニウム__りんごの香りがする品種。株は這うタイプのゼラニウムですからハンギングにもぴったり。
★へーゼルナッツゼラニウム__へーゼルナッツの香りがします。へーゼルナッツの香りのコーヒーなどを思い浮かべてください。切れこみの深い葉と白い花が特徴です。

掻ききれないくらい、本当にたくさんの種類がります。そのほかにもジンジャー、ペパーミント、オールドスパイス、スィートミモザなどなど…。


  
育て方、増やし方は(1)ハーブゼレニウムもご覧ください。


habuimg18545.gif
ハーブガーデン目次へ

2009/04/11(土) | ハーブ目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

イタリアンバジルの育て方

以前に播いて、とても美味しかったイタリアンバジルの種を見つけましたので、播いてみました。
バジルは種類がたくさんあるらしく、今まで播いたもの全部の味が同じではありませんでした。

ハーブの王様といわれるバジルですが、そもそもハーブは野草ですので、育て方は比較的簡単ですが、夏の温度の低いバンクーバーではあまり早播きしすぎると成長が思わしくありません。

ところでハーブのほとんどが地中海地方の原産らしいのですが、その地方の土壌は石灰質で水はけの良いことで知られています。そこでハーブを育てる場合にも、土をハーブに合ったものにし、水はけを良くすれば比較的簡単に育てることが出来ます。ほうれん草のように酸性土は苦手です。

バジルを育てる場合、種まきは3月中旬~6月頃、屋外でまく場合は、霜の心配がなくなってから、充分に温度があるように確認してからまきます。育つと大きくなりますので、植え付け間隔は広めにします。3ヶ月程度が目安で利用できます。明るい日当たりの良い場所を好みます。およそ6月ぐらいまでに定植します。

バジルへの水やりは植えつけ後、たっぷり与えるようにし、バジルの株がしっかりとしてきたら、少なめにしていき過湿にならないよう注意します。日照不足になると芯がのびすぎますので、摘心を心がけましょう。摘心は全長15~20cmほどに成長したら、脇芽をのばして収穫量を増やすため、成長点を摘心します。これを行うことで、しっかりとまるい感じに育ち収穫量がふえます。

肥料は例のごとく、このガーデンでは腐葉土をつかいます。これで大体のものは問題なくよく育っています。

気温が上がる、7~8月になるとつぼみが出来てきますが、つぼみが出来るとと葉が固くなるので、葉っぱを食べる場合はつぼみを摘心します。美味しいバジルでしたら、花を咲かせて種をとりましょう。

バジル栽培のすすめには、サンドイッチやパスタにおすすめの美味しい”Pesto”の作り方などもでています。


habuimg18545.gif
ハーブガーデン目次へ

2009/04/04(土) | ハーブ目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

ハーブ目次

mazutuchiimg49845.gif…ハーブの名前をクリック!


イタリアンバジル

冬でもオオバ

(1)ユーカリの木

(1)ローズマリー
(2)ロースマリーの挿し木など

(1)ハーブ乾燥 保存

(1)ハーブ 収穫のコツ

(1)ミニハーブガーデン

(1)ミントとそのレシピ

(1)ハーブゼレニウム
(2)ハーブゼラニウムの種類

(1)ガーデンに散在するハーブたち

(1)蚊取りゼラニウム

(1)ハーブで作る蚊取りスプレー、レモングラス


somokujiimg45886.gif
ガーデンDIY総目次へ


2009/03/25(水) | ハーブ目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。