スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手芸の目次

shugei.gif

かわいい抱き人形

簡単鉤針編みのルームシューズ(室内履き)

ダイソーの毛糸でマフラーと帽子

カシミアの古いセーターの再生

ロール襟バラの花付セーター



somokujiimg45886.gif
記事総目次へ












スポンサーサイト

2010/06/06(日) | 手芸の目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

かぎ針編みの簡単ルームシューズ(室内履き)

我が家の床は大理石とタイルと絨毯。絨毯のところはともか
床暖房であっても冷たい感じが…(節約で低温度にしてある)
また椅子に長時間座っていても、足が冷たくなりますね。

そこで編みほぐしの化繊の毛糸を主にしてルームシューズ!!!
サイズは足の大きさを見ながらですから、どんな足にも合う
ルームシューズができます。
ちなみに毛糸の太さなどは、気にしないで編んでいけます。

ざっと編み方

①つま先部分から編みだします。細編み6目を輪にしてスタート。
二段目は12目に。三段目は三目おきに増やし目…という具合に
つま先の形、お好みに合わせて先っぽをつくります。

②足の指の付け根辺りまで形に編んだら、後は増やし目なしで
好みの深さまで編みます。足の甲が冷える人は深めに、バレーシューズ風
がお好みの人は浅めに編みます。

③あとは側面の深さをお好みで決めて、底と側面をいっしょに編んで行きます。
かかと部分は三段くらい真ん中をVの字にあけて編み、両端を引き抜き閉じして
本体は出来上がり

④お好で縁編みを細編みで二段から4段して完成です。

DSC03410.jpg

一番右側はサイズ28Cm、やや細身。真ん中はサイズ24Cm、やや太め。
左側は深めの甲が暖かいタイプでくるぶしが隠れます。

DSC03411.jpg 写真を拡大してごらんください。作り方の補足です。

少々くたびれてしまったセーター(既製品の細い毛糸でも何本かあわせて作ればOK)や
残りの毛糸少々でできます。洗濯機に放り込めばいつも清潔なルームシューズ、
機上、ホテルなどでのスリッパ代わりにもなります。軽いのでとても便利です。
一足2,3時間で簡単にできます。


shugei.gif
手芸の目次へ

2010/01/30(土) | 手芸の目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

ダイソーの毛糸でマフラーと帽子

カナダで買う毛糸ってなんと値段が高いんでしょう。
ウールじゃないのに40g~50gで安いのでも4,5ドルします。

先日ダイソーに行ってみたら、2ドルで毛100%というのがありました。
1ドルではないのが残念!
でも安いので、編み物初心者としては見逃せないお値段です。
古いセーターも、もうありませんので、
編み返しもままなりません。
茶色がほしかったのですが、数がそろわず
不思議な茶色とベージュになりました。

とりあえず、マフラーと帽子をつくってみました。

マフラーは全体が一目ゴム編みです。
帽子は輪編みで好みの深さまで編み、頭頂部を六ヶ所で
減らし目をして六目をキュとしめました。
例のごとく適当です。

若くないせいか、そのままかぶるとこの帽子、
ちょっと惨めな感じでしたのでお花をつけて
少し華やかさをだしました。

毛糸の都合でマフラーは二色になりましたので、
帽子もそれにあわせて二種類つくりました。
どちらの帽子をかぶってもマッチしますね。

さすがウール100%、あったかい!!

DSC03397.jpg


shugei.gif
手芸の目次へ

2010/01/14(木) | 手芸の目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

カシミアの古いセーターの再生

カシミアの古いセーター、なかなか捨てられません。あったかいし気持ちいい感触が捨てがたいですね。
それで今回は、このカシミアの黒のセーターとなんとなく縮んでしまった茶色のカーディガンを解いてしまいました。解くときのコツは縫い目の方向を見定めてから!そうすればきれいに簡単に解体できます。

解体したら上のほうから解いて、ボールにします。全部ほぐしたら、今度はこのボールたちに少しだけ水をかけ、ラップをしてチンします。これで毛糸がまっすぐになりました。

編み方は例によって後ろ身頃からです。(ちなみに私は編み物の知識はあまりありません。)前身ごろは自分のサイズをみて調節しています。(適当に…ということでしょうか)袖は前身ごろと後ろ身頃の肩の線を閉じ合わせてから、適当に目を拾って手首に向かって編んでいきます。(この方が肩がごろごろしないで簡単!)前立ては別編みにして、閉じ合わせました。身頃から沢山の目を拾って編んで行くのは至難の業、別編みのほうが簡単です。閉じ合わせながら、サイズをあわせてくっつけました。ボタンはカーディガンのを再利用です。

  DSC03375.jpg 薄手ですがあったか! ボールはあまりの毛糸。


shugei.gif
手芸の目次へ

2009/12/26(土) | 手芸の目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

ロール襟バラの花付セーター

例年よりも暖かいとはいえ、12月のさむ~いバンクーバー、ガーデニングはできません。

お花もないので、水彩画も燃えるパッションがありません。

そこで今年は編み物にもチャレンジ。
節約主婦としては、単に編み物をしては面白くありません。
なにしろ”節約主婦”が工夫をしていなくてはいけません。

昔、私が若かりしころに感銘を受けたことをすることにしました。
カナダ人の品の良いご婦人(そういう呼び方がぴったりの方でした)が
ちょっとした時間を使って、古いセーターを(既製品の細い糸のセーターなど)
根気よく解いて、それを何本かあわせて(いろいろな色でした)なんともいえない良い色合いの
セーターやジャケットを編んでいました。私も一枚いただきました。

そこで、娘のおあがりのセーター(色は好きでしたが、丈が短くて…)と
細いウールのセーター(好きで着古してしまい穴があきました)を解いて
セーターをあみました。襟は別に編んで綴じ付けました。そしてかぎ編みのお花を二輪、
胸元につけてみました。

まったくの自己流ですが、結構気に入りました。

お花のない時期の慰め、せめてお花を胸に。

  DSC03370.jpg おなか周りが楽で、丈は少し長めに。

  DSC03372.jpg 胸の二輪のばらです。

shugei.gif
手芸の目次へ



2009/12/07(月) | 手芸の目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。