FC2ブログ

人工の偽石、偽岩、プランター

数年前に作った偽庭石が風化して来ました。

 DSC01715.jpg ところどころに小さな穴が…

これを作ることになって曰くなどは、セメントでつくる庭石をご覧ください。この偽石のレシピは、Wikipedia石灰岩を読んでいただけると、分かりやすいと思いますが、人工石灰岩です。

自然の石灰岩は植物成長にてきした、通気性のある軽い、石です。この人工版は簡単に言えば、自然の材料をセメントで固めたものです。

ですから、多肉植物とその鉢で、ごらんいただけるプランターに向いています。  

 DSC01256.jpg 渇き気味がすきな多肉にぴったり。

このプランターにはぴったりでしたが、セメントミックスの厚さを均等にするのが難しい、偽石では小さな穴があいてしまいました。約5年後、穴です。

それで今回はレシピを変えて、少し固めというか、重めですが、表面が滑らか仕上げになるミックスにしました。

 DSC01865.jpg 上から載せていきます。

 DSC01868.jpg 完成。

この後、ゆっくりと固まらせて、形を整え、色をつけたい場合は色などをつけます。私はこのままがすきですが…固まると色は変化します。

では、この二種類のレシピです。

★軽い人工石灰岩:プランターなどに向きます。
ポートランドセメント:ピートモス:砂=1;1;1
このレシピを作るときの固さは、両手で球を作って大体形になる位です。ぼろぼろ落ちてきたり、流れるようでは扱いがむずかしいです。

★少し重めのレシピ:偽岩、偽石向きです。
ポートランドセメント:砂=1;3
このレシピは丸めるのが難しいので、形の上に乗せて押し付けていきます。ミックスを作るときに、水に木工ボンドを混ぜます。(適当です)また、砂を減らして、その代わりにピートモス、バーミュキライトなどをまぜてもOKです。

いずれも砂は塩分のないものをお使いください。

使い方は大きく分けて二通りです。一つは中にベースを作り、うえからセメントミックスを載せていくもの(偽石など)、もう一つは、大小二つの形の間にミックスを流し込み固めるもの(プランターなど)。色々工夫して、作ってみてください。

sementoimg64092.gif
セメント目次へ
 
関連記事

2008/08/07(木) | セメント目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://shangyagi.blog45.fc2.com/tb.php/113-69498999
 |  HOME  |