スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

かぎ針編みの簡単ルームシューズ(室内履き)

我が家の床は大理石とタイルと絨毯。絨毯のところはともか
床暖房であっても冷たい感じが…(節約で低温度にしてある)
また椅子に長時間座っていても、足が冷たくなりますね。

そこで編みほぐしの化繊の毛糸を主にしてルームシューズ!!!
サイズは足の大きさを見ながらですから、どんな足にも合う
ルームシューズができます。
ちなみに毛糸の太さなどは、気にしないで編んでいけます。

ざっと編み方

①つま先部分から編みだします。細編み6目を輪にしてスタート。
二段目は12目に。三段目は三目おきに増やし目…という具合に
つま先の形、お好みに合わせて先っぽをつくります。

②足の指の付け根辺りまで形に編んだら、後は増やし目なしで
好みの深さまで編みます。足の甲が冷える人は深めに、バレーシューズ風
がお好みの人は浅めに編みます。

③あとは側面の深さをお好みで決めて、底と側面をいっしょに編んで行きます。
かかと部分は三段くらい真ん中をVの字にあけて編み、両端を引き抜き閉じして
本体は出来上がり

④お好で縁編みを細編みで二段から4段して完成です。

DSC03410.jpg

一番右側はサイズ28Cm、やや細身。真ん中はサイズ24Cm、やや太め。
左側は深めの甲が暖かいタイプでくるぶしが隠れます。

DSC03411.jpg 写真を拡大してごらんください。作り方の補足です。

少々くたびれてしまったセーター(既製品の細い毛糸でも何本かあわせて作ればOK)や
残りの毛糸少々でできます。洗濯機に放り込めばいつも清潔なルームシューズ、
機上、ホテルなどでのスリッパ代わりにもなります。軽いのでとても便利です。
一足2,3時間で簡単にできます。


shugei.gif
手芸の目次へ
関連記事

2010/01/30(土) | 手芸の目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://shangyagi.blog45.fc2.com/tb.php/320-1fe42bc5
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。