FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アジサイを育てる②

園芸店にいきますと、いろいろな種類のアジサイがあります。写真だけではちょっとわかりません。大きく分けて、アジサイは、ガクアジサイ、ガクアジサイから花序全体が装飾花となったいわゆるアジサイで西洋アジサイのことを指します。ハイドランジアは英語の音訳で西洋アジサイの別名で、西洋で品種改良されて逆輸入の形で明治ころ日本に入ってきたアジサイです。華やかな花が多いので近年人気となっていますが、在来種のアジサイに比べ耐寒性に劣ります。山アジサイは日本で古くから栽培されているアジサイですが、柏葉アジサイは北米に自生するアジサイで手まり状になる花ではなく、先が立った形の花で、日本での栽培はまだ歴史が浅い植物です。

アジサイは、比較的丈夫で育てやすい植物ですが、たくさんの種類がありますから、実際の花を見て気に入ったものを育てるのが最善でしょう。それには挿し木が一番、経済的でもありますね。

DSC03806.jpgDSC03805.jpg
DSC03804.jpgDSC03803.jpg
DSC03803.jpgDSC03802.jpg
DSC03801.jpgDSC03800.jpg

上の我が家のガーデンのアジサイたちは、友人から一枝いただいたり、鉢植えをいただいたりでふえていきました。花の盛りがすぎていますので、色がくすんでいますが、全部違う種類です。挿し木をし、鉢植えして花を咲かせてから友人に差し上げると素敵なギフトになりますね。


アジサイの植え場所は日向から半日陰ですが、比較的日陰でも大丈夫なようです。土は水もちと水はけの良い土に植えます。開花株の鉢植えを購入した場合には、鉢に対して株が大きい場合は植え替え適期までに根詰まりを起こす恐れがあるので、一回り大きな鉢に鉢増します。購入時に植え替えの必要がない場合には、花後もしくは落葉期に植え替えをします。

管理のポイントとしては、花芽を大事に充実させる…ということでしょか。
アジサイは水が大好きな植物です。特に鉢植えでは水切れに注意しましょう。庭植えでも、乾燥が続くときは水やりをしましょう。

夏の間は鉢植えは半日陰に移動させますが、庭植えで日当たりが良すぎる場合は、株元をマルチングしたり遮光ネットなどで日差しをやわらげてあげましょう。適切な場所を選べば手間は少なくて済みますね。

肥料は、花後にお礼肥えとして油かすなどを与える程度です。最近では青花アジサイ用とか赤花アジサイ用といった肥料も市販されていますが、いずれの場合も与えすぎは禁物、記載されている規定量を守りましょう。

なおアジサイは耐寒性のある植物ですが、西洋アジサイは厳寒地では冬囲いが必要になります。また西洋アジサイでなくとも品種によっては冬の寒風で花芽が枯れてしまうこともあるので、寒冷紗などで風除けをするとよいでしょう。また、その土地にあった種類を選ぶのも賢い選択といえます。




hanasukiimg85347.gif
お花が大好き目次へ
関連記事

2010/07/30(金) | お花が大好き目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://shangyagi.blog45.fc2.com/tb.php/386-de132e2a
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。