スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カランコエの育て方

カランコエは種類が100種以上ありますが、一般に育てれているものは数種です。乾燥した気候に適した多肉植物です。花色は赤、ピンク、黄色、白とあり一重、八重があります。多くの多肉植物同様、育て方はそれほど難しいものではありませんが、水遣り、特に冬季の水遣りに気をつければ大丈夫です。

育てるのに適した環境:
光:明るい日のあたる場所、特に夏の成長期には十分に日の当たるところがよいでしょう。冬はやはり南向きの窓辺などを選びます。

水:成長期の夏には鉢の土の表面がかわいたら、十分に。冬季には、水遣りと水遣りの間は、鉢が完全に乾ききってから十分にあげます。

温度:温暖を好みます。13度以下は苦手のようです。

土:市販の鉢用土

肥料:夏は二週間に一度の液体肥料、または鉢におく固体の肥料を。

カランコエは普通の状態では春に花がさきます。多くのプロの園芸家は日の当たる長さを調節して一年中咲かせています。日が短くなると花芽が上がってくる性質をもっていますので、ダンボールなどで覆って日の長さを調整すると花芽をあがらせることができます。花が咲かないときには、人工の明かりがいつもそばにあるなど、ちょうどよい日の長さが乱れている可能性があります。またいつも西日があたる場所においておくなども、花の咲かない条件にあたります。日のあたり具合に気をつけましょう。

花が終わると捨ててしまう人がたまにありますが、長く咲いてくれた花がおわったら、上の部分を切っておきましょう。思い切ってきってしまっても大丈夫、そこから新しい花の茎が伸びてきます。また切ったものも、挿して増やすことが容易です。

カランコエは、安価、簡単な世話でよく咲いてくれます。八重の花もとてもキュートです。水をやりすぎに気をつけてそだててください。

k0250532.jpg  かわいらしい八重咲きのカランコエですね


hanasukiimg85347.gif
お花が大好き目次へ
関連記事

2012/12/02(日) | お花が大好き目次 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://shangyagi.blog45.fc2.com/tb.php/431-30a009bc
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。